2015年01月20日

一周年。

1月20日、今日はbloompotとして初めて作品を公開した日になります。
早いですね。そして、懐かしいです。
全てこの曲から始まりました。そしてなんと1400超再生頂いています。
色んな方に支えられているんだってひしひしと感じています。ありがとうございます。
これからもどうぞ、宜しくお願いします。


さて、以下は読んで何かを得れる話でもないので、無視してもらっても大丈夫です。

続きを読む
posted by bloompot at 21:20| Comment(0) | 小紫花 | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

あけましておめでとうございます。

2015年になってしまいました。
もうすぐ「夢風船」を投稿して1年になるんですね。
月日が過ぎるのは早いなぁと年末になると毎年思うのですが、これについては実のところもっと前に投稿してた気分になりました。

さて、今年の活動について。
抱負と呼べるような大層なものを掲げるつもりは特にないのですが、やはり目標はいろいろあります。
昨年はオリジナル曲が2曲、カバーをカウントするなら計3作と、あまり投稿ペースがはかどらない状態でしたので、今年はもっと作品を送り出していけたらと思います。
とりあえず去年を超えるという意味で4本以上は確実に投稿したいところですね。
時間が取れない(主に私が)中作っておりましたので、あとで聴き返すと作り込みが甘いと思う部分もありましたし、単純に知識不足な面も多かったです。密度の濃い曲を作っていきたいです。
生楽器系の音色が大半を占める自分の当面の目標は、「シンセを使いこなす!」でしょうか、これができれば生楽器の音作りにも還元できるでしょうし…。
あとは自分もイベントの頒布スペースに立つことですかね、早く皆さんにお会いしたいです!

個人的に動くことについては、自分一人でもオリジナル曲を作ってみたいです。
音程や歌う人間視点での小さいアドバイス以外は調声をほぼまかせっきりなので、今年はそれ以外の細かい部分にも手を出していくつもりです。
そこで得られた部分を、bloompotでの活動にも反映させていければと。

細かく挙げていけばキリがないのでこのあたりで締めることにします。
昨年はコンピレーションCDに参加することにになったりでたくさんの方にお世話になりました。改めて御礼申し上げます。
若輩者ですが今年もbloompotとおけぼーをよろしくお願い致します!
みなさんにとって2015年がよい年でありますように…


2015.1.3
おけぼー
続きを読む
posted by bloompot at 11:28| Comment(0) | おけぼー | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

2014年の振り返り by 小紫花

 今年も残すところ一週間ですね!
 というわけで振り返り的なものをば。

 bloompotとしてのデビューも今年。kokoneと出会ったのも今年。
ニコミュ作って、コンピ主催して、即売会にサークル参加して。 初めて、初めて、初めて尽くしの一年でした。
今から思えば、なんだこいつはと、ポッと出の生意気なやつだなと思われてた(る)だろうと思います。
それでも、自分なりにではありますが、全部やり遂げることが出来ました。
これらは全部支えて下さる皆さんのお陰です。ありがとうございます。
色んなことをしているうちに、たくさんの方と出会うことも出来て、出会いの一年だったなとも思います。
その象徴が「ここねくしょん!」です。
名を付けた時は特に考えてなかったんですが、全部終わって考え直すと、本当に繋がりの結晶だなと思います。
同人制作すらしたことのなかった自分が、BiRD(s)さんにいろはから教えて頂き、メンバー助けられながら進めた一枚でした。
完成しましたとお伝えした時に、お疲れさまでしたとか、ありがとうございましたとか、言って頂けた時にはひとり涙をこらえていました。
今年の一番の自慢は、ボーマス後の打ち上げで年上な面々にべた褒め頂いたことですかね!(色々浮かんで素直には受け取れませんが)

 さて、このままだとkokoneコンピの話ばかりになってしまいそうなので、bloompotの話をしましょう。
一作目の「夢風船
これの詞の原型は投稿の1年半程前、今からだと2年半程前になりますか、に書いたものです。
ちょうどこの詞を書いた後くらいからいい感じの詞がすらすら書けるようになってきまして、本当に自分の原点みたいな詞です。
あの頃は色んな詞を書いていました。読み返すと今じゃ書けないなって詞もたくさんあります。
例えば、厭世的な詞とかはっちゃけた感じの詞とか。 どちらも今でも書けるとは思いますが、だいぶんテイストが変わりそうな気がします。
これらも手直ししていつかお披露目したいような、でも恥ずかしいような。 そんな頃の思い出の詰まった作品なのです。
二作目の「火花想葬
kokoneコンピ収録曲です。
この詞を書いたのが今から一年半程前。
昔に買って読んでた週刊日本の歴史みたいな本を実家で見つけまして、懐かしくなって書いた覚えがあります。
古語を使うの、めっちゃ大変でした。正直もう書きたくない。
意味の勘違いや文法ミス、気をつけたつもりですが、たぶんあるだろうなぁ。
ところで、この詞、元にした史実があるんですが、気づいてもらえてますか?(あえてあとがきで触れなかったけど触れたくなった)
明示はしませんので、探してみて下さい。一つ大きな要素が詞の中にあります。
わかられたら改変しすぎだろと怒られるかもしれませんがw

 続いてソロ活動のお話。とは言え他の方々の助けをお借りしたものばかりですが。
ちょうどミクさん買ったってのもあって何かデュエットがやりたかったんです。
当初はミク×GUMIのつもりでした。そしたらkokoneが出るって言うじゃないですか。
完成予定もkokone発売後になりそうな感じだったので、急遽変更。 届くまでGUMIを仮ボーカルにして調声してました。
結果全然違ってほぼやり直すハメになりましたがw
さて、今作で意識したのは、本家とは違う雰囲気というところ。
この曲、普通にカバーしたらミクはSolidとOriginalだと思うんですよね。ハキハキした感じで。
でもそれはミク×おけぼー版にして、SoftとSweetで優しく仕上げました。
ミク×おけぼー版は既にボカロ×人という要素があるので素直にやりました。
これらは自分の中で特にお気に入りの作品だったり。
今作ではvsqxを本家の虹原ぺぺろんさんのHPからダウンロードして使わせて頂いています。
vsqx自体は命のユースティティアの時から拝見してガッツリ技術盗ませてもらっていたんです。
でもずっと見てたらkokoneでやりたくなりまして、VELやらをリセットして再調声させてもらいました。
そんで今回はおけぼーにMIDI頼んでないってのもあって、自力でmixしてみようと思って挑戦しました。
タイミングと音量合わせて全体にリバーブなりかけただけなんで、mixと呼んでいいのかわからないレベルですけど……。
終わってみたら勉強回みたいな感じだったかもしれないですね。
めぐカップのうたの替え歌カバー。今回も本家のメグカップPさんにvsqxやらを頂いてのカバーでした。
kokoneデザインのマグカップが出たじゃないですか、それ見てですね、思ったんですよ、はい。
今作は動画を全部自分で作りました。三脚立ててココアを作るところを撮ると言う謎な画……w
でもなかなか楽しかったですよw
aviutlデビューな動画です。それまではMusic Maker MXで作ってたんですが、16:9書き出しの対応が狭すぎたので乗り換え。
初めてのソフトは難しいですね、やっぱり。でもなんとか使いこなせるようになってきたかなとは思ってます。
カメラ制御とかアニメーションとかはまだまだ無理ですけどね。
さて内容ですが、CD企画してクロスフェード作ることがあったらやってみたいと思ってたことを詰め込みました。
ひとつがタイトルコール。棗いつきさんにお願いしました。とっても可愛いでしょう?
この人に!と思ってて、お願いしたら引き受けて下さって感無量です。誰得よりも俺得です。
もうひとつが冒頭の字幕。これ、収録の全曲の歌詞からの抜粋の切り貼りなんです。 なんとなくかっこいいなと思ってて。
でも実際やってみたらダダ滑りだったのは申し訳なかった。
そんなこんななクロスフェードでした。

 さて、長文になりましたが、今年は本当にたくさんのことを学び、教えて頂くことが出来た一年でした。
小紫花としてできた経験はどれも貴重な、大切なものばかりでした。
まだまだ短い人生ですけど、今年ほど人間として成長できた年は無かったんじゃないかなとさえ思います。
色々お掛けしたご無礼、ご迷惑にお詫び致します。頂いたご助力、ご声援にお礼申し上げます。
来年ももっともっと成長して、より立派な人間になれるように頑張っていきます。
何卒、bloompotと、kokoneと、小紫花を、よろしくお願い致します。
それでは、良い年をお迎え下さい。

 尊敬する方々、大好きな皆様に最大の敬意と心からの感謝を。
 そして、ハイパーなんとかかんとかかわいいkokoneちゃんにありったけの愛を!

2014/12/25
小紫花

続きを読む
posted by bloompot at 21:00| Comment(0) | 小紫花 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。